ブランドパネル広告とは?

ブランドパネル広告とは

ブランドパネル広告とは、Yahoo! JAPANのトップページの掲載される純広告です。日本最大級のメディアのもっとも目立つ位置に掲載されるため、多くのユーザーが広告を目にします。

 

 

ブランドパネル枠の掲載位置

 

 

ブランドパネル広告の配信方法の種類

運用型

運用型のブランドパネル広告は、出稿量を調整しながら運用できるタイプです。例えば、広告表示回数、クリック数、コンバージョン数などの目標を設定して、予算の範囲内で広告を出稿できます。また、ユーザーの年齢や性別などの属性を絞るなど、多彩なターゲティング機能も使えます。

 

予約型

予約型のブランドパネル広告は、掲載期間、掲載場所、表示回数が保証されるタイプです。マスメディアや街頭広告などのような、買い切り型広告に近いタイプといえるでしょう。ただし、予約型も一部のターゲティング機能が使えるため、従来の買い切り型広告より効率的に運用できます。予約型は主に認知度向上のために利用します。

 

運用型、予算型は設定できる項目が異なります。設定できる項目および運用型と予約型の設定の可否は次のとおりです。

項目 内容 運用型 予約型
デバイス デバイス、OS、アプリなどを指定する
性別 男性、女性、不明を選択する
年齢 年齢の範囲を指定する
サーチキーワード Yahoo! JAPANで特定の検索履歴のあるユーザーを指定する ×
オーディエンスリスト 外部の顧客リストなどを連携する ×
オーディエンスカテゴリー 特定の属性を持つユーザーを指定する
曜日・時間帯 広告を表示する曜日、時間帯を選ぶ
地域 都道府県、市区郡単位

 

ブランドパネル広告の設定と入稿規定

運用型PC版ブランドパネルの配信設定

 

ディスプレイ広告(運用型)では以下の内容で設定するとPCブランドパネルのみに広告を配信できます。

静止画 動画
キャンペーン目的
  • サイト誘導
  • コンバージョン
  • サイト誘導
  • コンバージョン
  • 動画再生
広告タイプ バナー バナー
メインメディアの形式 画像 動画
広告仕様 画像のアスペクト比は「1:1」のみ(最小ピクセルサイズは600pixel x 600pixel) 動画のアスペクト比は「1:1」(最小ピクセルサイズは600pixel x 600pixel)、「16:9」(最小ピクセルサイズは640pixel x 360pixel)
ターゲティング プレイスメントターゲティングで、以下のURLを配信対象に設定してください。
toppage.yahoo.co.jp

運用型スマートフォン版ブランドパネルの配信設定

 

ディスプレイ広告(運用型)では以下の内容で設定するとスマートフォン版ブランドパネルのみに広告を配信できます。

広告タイプ バナー レスポンシブ
キャンペーン目的
  • ブランド認知
  • コンバージョン
  • アプリ訴求
  • サイト誘導
  • 動画再生
  • PayPayギフト

※キャンペーン目的の選択画面で、「ブランド認知」が表示されるお客様のみ利用可能です。

  • コンバージョン
  • アプリ訴求
  • サイト誘導
メインメディアの形式 画像、動画
※キャンペーン目的「動画再生」の場合は動画のみです。
画像
広告仕様 画像・動画のアスペクト比は「16:9」のみ(最小ピクセルサイズは640pixel x 360pixel) 画像のアスペクト比は「1.91:1」のみ(最小ピクセルサイズは1200pixel x 628pixel)
ターゲティング プレイスメントターゲティングで、以下のURLを配信対象に設定してください。

m.yahoo.co.jp/bp

※スマートフォン版Yahoo! JAPAN ブランドパネル枠を指定するためのURLです。プレイスメントターゲティングを設定しない場合、他の広告掲載枠にも掲載される場合があります。

 

PCブランドパネルとスマートフォンブランドパネルには、それぞれ入稿規定が設けられています。画像と動画の入稿規定は以下のとおりです。

 

画像の入稿規定

項目 PCブランドパネル スマートフォンブランドパネル
アスペクト比 1:1 16:9
最小ピクセルサイズ(横×縦) 600pixel x 600pixel 640pixel x 360pixel
ファイルサイズ 最大3MB 最大3MB
ファイル形式 GIF 89a、JPEG、PNG GIF 89a、JPEG、PNG
アニメーション 不可 不可
ALTテキスト 不可 不可

動画の入稿規定

項目 PCブランドパネル スマートフォンブランドパネル
アスペクト比 16:9または1:1 16:9
最小ピクセルサイズ(横×縦) 640pixel × 360pixelまたは600pixel x 600pixel 640pixel × 360pixel
ファイルサイズ 最大200MB 最大200MB
音声コーデック AAC LC AAC LC
動画コーデック H.264、H.265 H.264、H.265
ファイル形式 MP4、MOV MP4、MOV
最小映像ビットレート(推奨値) 1Mbps以上 1Mbps以上
最小音声ビットレート(推奨値) 128kbps以上 128kbps以上
再生時間 最小5秒~最大60秒 最小5秒~最大60秒

 

ブランドパネル広告のメリット

ブランドパネル広告のメリットを、Yahoo!広告のデータや仕様を交えながら解説します。

 

多くの人に広告を見てもらえる

ブランドパネル広告は、テレビCMと同様もしくはそれ以上の膨大なユーザーに広告を見てもらえるメリットがあります。Yahoo! JAPANの月間アクティブユーザー数は国内トップで、パソコンが2,100万人、スマートフォンでは6,800万人にものぼります(2021年12月時点)。

 

また、Yahoo! JAPANを利用するユーザーは男女比率がほぼ同じで、利用者の年齢にも偏りがありません。さらに、どの年代でも高い利用率になっており、例えば若年層では8割以上がYahoo! JAPANを利用しています。広範囲のユーザーに自社商品の広告を見てもらいたい場合、ブランドパネル広告の活用がおすすめです。

 

信頼感を高めることができる

広告が掲載されるYahoo! JAPANにはブランド価値があるため、ブランドパネル広告は、テレビCMや新聞などへの広告出稿と同様で、掲載されることでユーザーに信頼感を持ってもらいやすくなります。例えば、ベンチャー企業や新規分野に参入した企業などは、ブランドパネル広告を活用して消費者の信頼感を得られます。大きなサイズの画像や動画も付けられるため、イメージ戦略でブランディングしやすいこともメリットです。

 

さらに、ブランドパネル広告の掲載によって、リスティング広告や他のディスプレイ広告への波及効果が生まれやすいというメリットもあります。例えば、自社のブランドパネル広告をみたあとにYahoo! JAPANで検索した際、リスティング広告で同じ企業名や商品名を目にすると、クリックしてもらいやすくなります。

 

まとめ

Yahoo!広告のブランドパネル広告は、多くの人が目にする広告なため、短期間で認知度向上やブランディングを達成できます。

運用型、予約型共に配信可能ですので配信を検討されている方はお問い合わせください。

 

 

今すぐお問い合わせ

他の記事

Other article
上部へスクロール