Facebook&Instagram広告を配信するには?

Facebookは他のSNSと違い、基本的に実名で利用するというのが最大の特徴です。
日本国内ではユーザー数が約2,600万人となっています。実名制なので友人とのコミュニケーションも取りやすいツールです。

 

Instagramは写真や動画の投稿をメインとしているサービスです。
日本国内ではユーザー数が約3,300万人となっています。オシャレな写真を撮影して投稿するユーザーやスポットの写真を検索する事が出来ます。

Facebookの運営はMeta社が担っていますが、Meta社はInstagramも運営しています。

 


 

Facebook&Instagram広告を利用することで、つぎのようなメリットが御座います。

・精度の高いターゲティングが可能
・ターゲティングの種類が豊富
・若年層や女性ユーザーにリーチできる数が多い(Instagram)

 

Facebook&Instagramには、様々なターゲティングや広告フォーマットがあります。それに応じてプロモーションの仕方も様々あるので、最適な組み合わせを見つける必要があります。

最適に配信する事により幅広いユーザーにリーチができ、大きな成果に期待できる広告になっております。

 

Facebook広告の特徴

Facebook広告の基本的な概要をまとめたものをご紹介致します。

 

掲載面 ・Facebookニュースフィード
・Facebook Marketplace
・Facebook動画フィード
・Facebookの右側広告枠
・Facebookストーリーズ
・Facebookインストリーム動画
・Facebookの検索結果
・Facebookインスタント記事
月間アクティブユーザー数 Facebookの国内⽉間
アクティブユーザー 約2,600万⼈
ユーザー傾向 ビジネスシーンで活用している人が多いため、
フォーマルな環境としてプライベートよりも
同僚やクライアントなどと繋がるツールとして利用されることが多いです。
ターゲティング カスタムオーディエンス,地域,年齢,
性別,ユーザー層,趣味・関心,
行動,つながり などユーザー属性から興味・関心まで,
細かくターゲットを設定
することができます。
年齢 13歳〜65歳以上

1歳単位で指定可能。
(ただし65歳以上は,「+65歳」でまとめられる。)

性別 男性,女性,すべて

男性が54%、女性が46%

男⼥⽐は、若干男性が多い

配信エリア 国,都道府県,市区町村
郵便番号の指定

※2022年5月時点弊社調べ

 

 

 

Instagram広告の特徴

Instagram広告の基本的な概要をまとめたものをご紹介致します。

 

掲載面 フィード,ストーリーズ,
リール,ブランドコンテンツ,
ショップ,発見タブなど
月間アクティブユーザー数 Instagramの国内⽉間
アクティブユーザー 約3,300万⼈幅広い年齢層から
利用されている
ユーザー傾向 トレンド,コミュニティ,価値観,
感性,思い出 など趣味・好きなことに関する情報収集や
世の中のニュースのチェックを
しているユーザーが多い
ターゲティング カスタムオーディエンス,地域,年齢,
性別,ユーザー層,趣味・関心,
行動,つながり などユーザー属性から興味・関心まで,
細かくターゲットを設定
することができます。
年齢 13歳〜65歳以上

1歳単位で指定可能。
(ただし65歳以上は,「+65歳」でまとめられる。)

性別 男性,女性,すべて

男性が43%、女性が57%

男⼥⽐は、やや⼥性が多い

配信エリア 国,都道府県,市区町村
郵便番号の指定

※2022年5月時点弊社調べ

 

 

 

Facebook&Instagram広告費用の相場

Facebook&Instagram広告は最低100円から出稿ができます。

しかし、現実的には100円でビジネス成果を出すことは難しく、一定の予算確保は必須となります。

 

Facebook広告の料金目安は、1クリックあたりで考えると100円〜300円程度になります。

仮に1クリックを150円とした場合、1,000クリックで広告費が150,000円です。

 

Facebook&Instagram広告の仕組みを見ていきましょう。料金体系の主な料金形態は、CPMとCPCの2種類

 

 

CPM課金(インプレッション課金)

CPM(Cost Per Mille)は広告が表示されると料金が発生する課金方式です。1000回表示につき〇〇円という形で予算が消化されます。

 

CPC課金(クリック課金)

CPC(Cost per Click)は広告がクリックされると料金が発生する課金方式です。

 

 

キャンペーン目的をブランド認知度の向上(リーチ)とした場合にはインプレッション数、購入検討の中でもWebサイトへのクリック数とした場合にはURLのクリック数といった風に、キャンペーン目的を何に設定するのかによって課金方式は異なります。予算やPRしたい商材のジャンルをふまえてキャンペーンの目的を設定することで、課金方式も決まっていきます。

 

 

実際にFacebook&Instagram広告を配信するには?

ここまでFacebook&Instagram広告についてご紹介させていただきましたが、実際に配信を行うとなると下記手順が生じます。

 

  1. Facebookビジネスマネージャのアカウントを開設する
  2. 広告アカウントを作成する
  3. 新規でキャンペーンを作成する
  4. 広告セットを作成して詳細項目を設定する
  5. 広告を作成する
  6. 支払方法を設定
  7. タグを発行する

 

Facebook広告の出稿にはアカウントだけではなく、クレジットカードが必要です。また、「広告ポリシー」に沿った内容で広告を作成しなければ、制限がかかってしまい、広告を掲載できないため注意が必要です。

そんなFacebook広告は、「キャンペーン」「広告セット」「広告」の3つを設定する必要があり、それぞれの詳細を理解しておくことで、正しくターゲティングできたり、予算を無駄にせずに広告配信できたりします。

 

Facebook&Instagram広告に興味はあるが、自社で配信するにはハードルが高いお客様には弊社のSNS広告配信代行サービスをおすすめ致します。

これまで様々な案件をSNSで配信した実績が御座いますので、ご興味のあるお客様は是非お問い合わせお願い致します。

 

 

今すぐお問い合わせ

他の記事

Other article
リリース情報

夏季休暇のお知らせ

【夏季休暇のお知らせ】 下記の日程を2024年度の夏季休暇とさせていただきます。 皆様に

上部へスクロール